自律神経失調症とは

こんにちは!上戸祭整骨院 院長 中河です!今日は『自律神経失調症』について記載したいと思います!

自律神経失調症とは

まず自律神経が何なのかと言いますと、『交感神経』『副交感神経』に別けられ、自分の意志ではコントロールすることのできない機能を調整しているとても重要な器官です。

『交感神経』は活動時に主で働き『副交感神経』は休息時に主で働く神経です。
この自律神経のコントロールがうまくいかなくなり、体にさまざまな不調が現れることを『自律神経失調症』と呼んでいます。

自律神経失調症の症状

自律神経失調症

自律神経失調症になると、特に原因がないのに様々な症状が現れます。

  • 身体症状

動悸・頭痛・息切れ・慢性的な疲労・めまい・冷や汗・だるさ・震え・ほてり・不眠、便秘・ 下痢・肩こり・冷え症・生理不順・味覚障害・過呼吸・耳鳴り・手足のしびれ・・・
など。

  • 精神症状

夜眠れない・睡眠が浅い・気力の低下・集中力の低下・涙もろい・イライラ・不安感・疎外感・人間不信・被害妄想・ネガディブ思考・鬱・・・など。

その他にも症状はいろいろあります。

自律神経失調症チェック

ここで、あなたの自律神経失調症度をチエックしてみましょう!
該当する項目がいくつあるか、数えてみましょう。

  • めまいや耳鳴りのするときが多い。
  • 立ちくらみをよく起こす。
  • 胸が締め付けられる感じがすることがある。
  • 胸がザワザワする感じが時々ある。
  • 心臓がいきなり早くなったり、脈拍が飛ぶようなことがある。
  • 息苦しくなるときがある。
  • 夏でも手足か冷えるときがある。
  • 胃の調子が悪いときが多い。(お腹がすかない・胸やけなど)
  • よく下痢や便秘をする。または便秘と下痢を繰り返す。
  • 肩こりや腰痛がなかなか治らない。
  • 手足がダルイことが多い。
  • 顔だけ汗をかく。または手足だけ汗をかく。
  • 朝、起きる時に疲労を感じる。
  • 気候の変化に弱い。
  • やけにまぶしく感じる時がある。
  • 寝ても寝ても寝たりない。
  • 怖い夢をよく見る、または金縛りにあう
  • 風邪でもないのに咳がよく出る。
  • 食べ物を飲み込みつらい時かある、喉に違和感がある。呂律が回らない時がある。

0-1個 自律神経に狂いはなさそうです。
2-3個 自律神経に負担が掛かっているかもしれません。
4-6個 自律神経失調症になりかけているかもしれません。
7個以上 すぐに休養を取り、できるだけ早く専門家に相談しましょう。

みなさんはチェック項目の該当はありましたか?

ちなみに私は該当なし!0個でした!

しかしながら、今現在はなんともなくても日により該当する項目があります。

自分でできる自立神経調整の方法

ここで自分でできる自律神経の調整方法をお伝えします。

  • 37~39度の湯船に浸かる。
  • 軽いジョギングやウォーキング。
  • 深呼吸。5秒で吸って10秒かけて息を吐く。特に吐くことを意識して行う。

などがあります。

最後に…

自律神経失調症とまではいかなくても『自律神経の乱れ』は誰にでも起こっていることです。

病院に行っても原因が分からない症状がある、長い期間悩んでいる症状がある。

それはもしかしたら『自律神経の乱れ』かもしれません!

当院には『自律神経の乱れ』を調整することの出来る機器が数種類あります!

いろんな人に対応できると思いますので、まずはお気軽にご連絡ください!

関連記事

  1. ギックリ腰の原因・症状・予防

  2. 本日来院された患者さん!足のむくみと足のつり

  3. 自律神経は痛みの増幅装置!?

  4. 夜、寝ていて足がつるのは何故!?

  5. 四十肩・五十肩の症状・原因・治療法

  6. 宇都宮市で骨盤の歪みを改善したい方へ