夜、寝ていて足がつるのは何故!?

宇都宮市で「自律神経の治療」ができる整骨院 「上戸祭整骨院(かみとまつりせいこついん)」 院長の中河です!

今日は、夜寝ていて足がつる症状についてお話しします!

患者さんからのお悩みで、『夜寝ていて足がつる』ということを度々伺います。

『足のつり』の原因とは・・・

足がつるイメージ

「足がつる」症状は、一体なぜ起こると思いますか?

その原因は、「体のミネラル分の不足」、「水分不足」、「筋の疲労」や「椎間板ヘルニア」、「脳の病気」など数多くあります。

上記のような原因が分かるものであれば、病院での治療で改善されるのですが、なかなか改善されない場合があります。

そういった場合の足のつりの原因として考えられるのは、『自律神経の乱れ』からくるものです。

自律神経が乱れているとき

自律神経が乱れる事により、毛細血管が細くなり、血流が悪くなって足がつります。

そのような『足のつり』の場合には、自律神経の治療が効果的になります。

自分でできる自律神経の整え方

自分で出来る自律神経を整える方法は、

  • 37~39度の湯船に浸かる。
  • 軽いジョギングやウォーキング。
  • 深呼吸。5秒で吸って10秒かけて息を吐く。特に吐くことを意識して行う。

などがあります。

これらは、ゆっくりと血管を拡張されることで血行を良くしてくれるためお勧めです。

宇都宮市内で自律神経の乱れを整えるなら上戸祭整骨院へ

それでも改善しない場合は、自律神経治療をオススメします。

当院では、独自の自律神経治療を行なっています。

当院の自律神経治療を受けた方は、足のつりは劇的に改善されています!

足のつりでお悩みの方は、一度自律神経治療を受けてみてください

関連記事

  1. 天気が悪い日に調子が悪くなるのはなぜ?

  2. 自律神経失調症とは

  3. 腰のストレッチ

  4. 節分♪

  5. 宇都宮市の美味しい餃子屋さん✰