天気が悪い日に調子が悪くなるのはなぜ?

こんにちは!宇都宮市で自律神経調整、交通事故治療ができる整骨院の上戸祭整骨院です!

今回は、梅雨入りをしてスッキリしない天気が続いている今、に関係する【気象病について書いていきます。

【気象病】

【気象病】とは雨の日、台風の前、季節の変わり目に頭痛や身体、関節の痛み、倦怠感などの症状が出ること。

その他にもめまい、耳鳴り、気管支喘息、関節痛、神経痛、古傷の痛み、うつ、情緒不安定などの症状が出ることも

【原因】

低気圧の時は山に登ったりした時のスナック菓子の袋がパンパンになるのと同じで身体も膨張します。

身体が膨張すると浮腫が生じるので全身の倦怠感が出たり血管や関節包が膨張して周囲の血管や神経を圧迫して偏頭痛や関節痛の原因にもなります。

 

さらに、細胞が膨張することでヒスタミン(炎症、アレルギー反応を起こす)が放出され、普段よりも痛みに対して敏感になります。気管支喘息、関節リウマチの人は症状が強くなることもあります。

本来、人間はその気圧に対して適応できるようになっているのですが、その調整をしている自律神経が乱れて対応が追い付かないと気象病となります。

【自律神経とは】

自律神経には『交感神経と副交感神経』があります。この自律神経の正常な働きにより、人としての健康が正常に保たれています。

【自律神経の働き】

例えば…

交感神経―血管を収縮させ心拍数を上げて体を興奮させる

副交感神経―血管を広げて体をリラックスさせる

などの働きがあります。

この二つのバランスが乱れて調節がうまくいかないと、”気象病”などの体の不調や症状が出やすくなります。

【自律神経をうまく機能させるには・・・】

1.規則正しい生活

体内時計によって1日のリズムを調整しています。体内時計は朝起きた時に太陽の光を浴びることによって狂わないようにリセットされます。夜更かし朝寝坊を避けて朝起きたらカーテンを開けて太陽の光を浴びるようにしましょう。

  1. エアコンを少し我慢

早い時期からエアコンを使いすぎると発汗機能が鈍り体温調節がうまくいかなくなります。エアコンを少し我慢して汗をかくことを体の覚えさせましょう。人によっては数日間で効果が出ることもありますよ。

  1. 入浴

入浴によって発汗、血管拡張、血流促進など強い変化を起こすことで交感神経に刺激を与え、交感神経、副交感神経それぞれの働きを強めましょう。

  1. ゆったりとした服を着る

身体を締め付ける衣類は交感神経ばかりを刺激してしまい副交感神経への切り替えがうまく行われません。また、頚部への圧迫は特に交感神経を刺激しやすい為、仕事などで常にネクタイなどをしている人は休憩中なでは緩めるようにしましょう。

  1. 軽い運動をする

普段からストレッチを

軽い運動で交感神経を刺激して発汗や新陳代謝を促し、その後休息で副交感神経刺激することで自律神経の良好な切り替えを促します。1日1回軽く汗をかくくらいの運動習慣を作ってみましょう。スポーツなどの激しい運動は交感神経を刺激し逆効果になるので気を付けてください。

  1. 柔軟体操をする

身体に痛みや不調を抱える方は、全身の筋肉の緊張が高い状態にあります。柔軟で筋肉の緊張をほぐし、副交感神経の切り替えを促しましょう。強く行う必要はないのでリラックスしてゆったりとやりましょう。

 

【自律神経調整 施術】

上記で紹介したセルフケアで改善しない場合、当院の”自律神経調整 施術”をおススメします。

しっかりとリラックスでき心地良い施術となっています!

まずは、詳しくはお問い合わせ下さい☆

関連記事

  1. 夜、寝ていて足がつるのは何故!?

  2. 本日来院された患者さん!足のむくみと足のつり

  3. ギックリ腰の原因・症状・予防

  4. 自律神経は痛みの増幅装置!?

  5. 四十肩・五十肩の症状・原因・治療法

  6. 宇都宮市で骨盤の歪みを改善したい方へ